dryuの回胴式遊技機ブログ

主にパチスロについて感じたこと、思ったことを書いていくだけの自己満ブログです。

リーチ目、リール制御について2-2 2009/10/05

この記事は2009年10月05日にとあるSNSサイトで僕が書いたもの。基本的には修正せずそのまま載せようと思う。

 

--------
最初に
文章能力に乏しいため、おかしな文章があると思います。
それでもいいという方は読んでみてください。

 

前回の日記の続きです。

 

私の考えたパチスロ(リール)を紹介したいと思います。


目標は


「チャンス目やリーチ目を簡単に察知でき、出目のおもしろさを知ってもらえる台にする」


です。



f:id:mutyanemu:20140308215407g:plain

リール配列です。

アイムジャグラーのリール配列に赤の部分と黒の部分を書き足しただけです。

アイジャグの配列にした理由はパチンコ屋に多く設置されていますので、みなさんに親しみやすいと思ったことと、ほとんどの人がベルとピエロを取らないという今どき珍しい台だからです。



赤い部分と黒い部分は必ず3コマ連続になっています。
赤か黒の3コマがどこのリールでもいいので出現すればチャンス目です。


具体的には
赤=ピエロorベルorボーナス
黒=ベルorボーナス
です。
よって信頼度は赤<黒になります。



鉄板のリーチ目として
3つのリールのうち2つが黒。
3つのリールがすべて赤と黒で埋まっている。(白い部分がない)
それと7とバーの一直線型です。



チャンス目、リーチ目は基本的にこれだけです。



左リールがどこで止まろうが中リールに赤か黒が止まればチャンス。
左、中がどこで止まろうが右に赤か黒が止まればチャンス。



簡単じゃないですか?


まあこれだけ言われてもイメージを掴みにくいですよね。


ではちょっと想像してみてください。
--------------------


あなたは先ほど説明したリール配列、制御のアイムジャグラーに座っています。
ベルとピエロは無視してチェリー狙いで打っています。

すると左リールが[赤]で止まりました。

顔を上げてデータカウンターを見ます。

『BIG5 REG5 回転数453』


最初は順調だったものの、ちょっとハマリだして焦り始めています。

そろそろボーナスがほしいところ。

リールに目をやり、あなたは[赤]1つでは満足できません。


中リールに[黒]を狙います。




止まりました。更にチャンスです。


しかし、まだ満足できません。

鉄板目を目指して右リールに[黒]を狙います。

 

 

止まりませんでした。

しかし、ボーナスの可能性はあります。

あなたはボタンをねじねじ、ねじねじ。

すこしして覚悟をきめボタンを離します。






ペカッ!!






先ほど中ハマリを食らったあなたでしたが、それから順調にボーナスを重ねています。

そんな時にまたも左リールに[赤]が出現しました。

今回はメダルにも心にもゆとりがあります。

あなたは精一杯楽しむために鉄板目を狙わないことに決めました。

中リール、右リール鉄板目を避けて目押しし、チャンス目止まりです。



ねじねじ、ねじねじ。







ペカッ!!


--------------------

 

 

どうだったでしょうか?
2つのパターンを想像してもらいましたが、両方に言えることは
熱い瞬間を打ち手が作ることができるんです。
鉄板目にしたりチャンス目止まりにしたり。
これは打ち手が完全に受身になってしまっている液晶などの演出では味わえるものではありません。
出目の楽しさだけでなく、目押しすることの楽しさも知ることができる台ではないでしょうか。




演出面はアイムジャグラーで想像してもらいましたが、他の台でも想像してみてくださいね。


もちろんのことですが、このようなパチスロが発売されたとしても人気になるかどうかなんてわかりません。
ですが、リールで楽しませようとするとマイナスになるパチスロなんて存在しないでしょう。


散々偉そうなこと言っていますが所詮素人の考えたものです。
それに1つの成立役に対し1つのリール制御しかとれない5号機ではこの制御を再現するのはかなり難しいでしょう。
これについても今度語ろうかと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
--------