dryuの回胴式遊技機ブログ

主にパチスロについて感じたこと、思ったことを書いていくだけの自己満ブログです。

チャンス目でフラッシュ 2011/12/26

この記事は2011年12月26日にとあるSNSサイトで僕が書いたもの。基本的には修正せずそのまま載せようと思う。

最近ますますパチンコ屋に行く機会が減っています。

新台をちょっと打ってみたりはしていますが相変わらず面白い台がなく、死ん台ばかりです。

 

最近打ったのは○半限定の「ぷよぷよ」。

ぷよぷよは個人的に好きなゲームでして、パチスロとして面白くなくても「ぷよぷよ」として面白ければいいや!っていう気持ちで打ちに行ったのですが



どっちで見てもおもしろくねーよ!!


私の5号機くそ台ベスト3に入賞いたしましたw

 

 

 

さてさて本題ですが。

チャンス目が出た後にフラッシュする台が最近多くありません?。
私の記憶では功夫大戦あたりからでしょうか。(あまりに打ってない台が多いため自信なし!)


正直言ってこの機能は無駄だと思うのです。むしろ邪魔。


なぜならチャンス目が出ているのだから!


出目でチャンスを告知しているのになぜフラッシュさせなければいけないのでしょう・・・

確かに出目がわからない人にはフラッシュさせることで簡単にチャンスだということを伝えることができる。

でも上記のことが目的であるなら



通常目でフラッシュさせるべき!!




どうせフラッシュするのだったらチャンス目の意味ないですからね。


更に言うなら
1/100でチャンス目フラッシュが出る仕様だとするなら、1/200がチャンス目、1/200が通常目でのフラッシュ。

こうすべきです。

これで通常目でも死ななくなり、かつチャンス目が出目として生きる。



なんだかパチスロが誰でも簡単に打てるようになっているのですよね。

もちろんいいことでもあるのですが、先が無いといいますか・・・。

さっきも言いましたがチャンス目フラッシュは、出目がわからない人にもフラッシュさせることで簡単にチャンスだということを伝えることができます。

しかし問題があって



出目がわからない人はその先も出目がわからないままなのです。




打ち手がレベルアップできない仕様なんですよ。



もっと打ち手に考えさせるような、そして考えた先に結果が待っているような台が必要なのではないでしょうか。


--------
もはや今ではチャンス目でフラッシュしない台なんて無くなったんじゃない?
数少ない出目による演出を無意味なものに仕上げてどうすんの。

4号機から5号機に移るときに法改正で何ができるのかまだわからないから確実なノーマルタイプを多く出してたよね。
「出目を楽しんでください!」
みたいな感じをメーカーが出していたが4号機後期から打ち始めた人が出目を楽しめるわけないじゃん。
4号機後期の出目なんて今ある5号機と同じであってないようなもんだったから楽しみ方なんてわかるわけがない。
大きな法改正があっても絶対になくなることがない「回胴」による演出を軽視してきた結果。


もう何年初心者層を取り入れようとしているんだよ。

今度6号機に移行したときの予想でも書きましょうかね。