dryuの回胴式遊技機ブログ

主にパチスロについて感じたこと、思ったことを書いていくだけの自己満ブログです。

2009/02/10 リール制御、リーチ目について

この記事は2009年02月10日にとあるSNSサイトで僕が書いたもの。
基本的には修正せずそのまま載せようと思う。

-------
リール制御、リーチ目について話したいと思います。
今回は私がリール制御、リーチ目に興味を持つまでの生い立ちなんかを話します。



私は初代北斗からパチスロを始めましたがリール制御の面白さに気付いたのは5号機が登場してからです。
何故それまでリール制御の面白さに気付かなかったのでしょう。
その理由は間違いなくパチスロを始めたのがストック機全盛期だったためです。
ストック機のゲーム制は基本、後○ゲームでボーナスとなっているため突然ボーナスということはありえませんでした。(特定役で解除した場合もRT0ではないものがほとんど)
そして後○ゲームでボーナスというゲーム性は演出を生かすことができたため(前兆演出)ボーナス直前になると演出がとても騒がしくなりました。

リール制御、リーチ目がいかに優れていようが演出が騒がしくなければボーナスは期待できないし、RT0になった瞬間、ボーナスを告知する台が多くありました。
要はリール制御、リーチ目なんて気にする必要性が全くなかった訳です。

それから5号機が登場し毎ゲームボーナス抽選になりリール制御、リーチ目の面白さを私に教えてくれました。毎ゲーム期待できるゲーム性、リールを一つ一つ押す楽しみ。
いままでお金のやり取りのみでパチスロを楽しんできましたが、一気にパチスロの楽しみ方が変わってきました。

「ああ、これがパチスロなんだ」と本気で思いました。

しかし現在パチスロをされている方で、リール制御、リーチ目が面白いと思う人はどのぐらいいるでしょうか?
おそらく、私が始めたころ以降にパチスロを始めた人はほぼ興味のないものだと思います。
なぜなら私がリール制御、リーチ目に興味を持つまでリール制御、リーチ目に対して思っていたことは
「リール制御?スイカまで滑ればアツイんでしょ?リーチ目?ああ、ゲチェナね。でも演出でボーナス告知するんだから意味ないよね。もし告知がない機種だったらリーチ目覚えるのめんどうだし、打たないよ」

こんな感じでした。

実際このように思っている方はかなり多いと思います。
そしてストック機全盛期から始めた私にとってすごく気持ちがわかります。
ただ、この考えをお持ちの方は「リール制御、リーチ目が面白くない」ではなく「リール制御、リーチ目の面白さがわからない」だと思うのです。
リール制御、リーチ目の面白さがわかってしまった私にとってリール制御、リーチ目の面白さがわからないというのは非常にもったいないと思います。

かなり偉そうなことを言っていますが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。
次回はリール制御、リーチ目の楽しみ方について話そうかと思います。
すこしでも興味を持たれた方はぜひ次回も読んで下さい。
--------

結局毎ゲーム一定の確率でボーナス抽選している台なんてほぼ無くなったね。疑似ボが当たり前。
本来のボーナスでないため抽選方法は制限なしで無限大だけど、それはもうパチスロ、いや回胴式遊技機ではないということではないだろうか。