dryuの回胴式遊技機ブログ

主にパチスロについて感じたこと、思ったことを書いていくだけの自己満ブログです。

2009/07/08 リーチ目の楽しさについて

この記事は2009年07月08日にとあるSNSサイトで僕が書いたもの。
基本的には修正せずそのまま載せようと思う。

--------
リーチ目の楽しさについて



久々の日記更新です。
自分の日記を読み返してみたのですが、本当に文章能力がないと思いますw
何を言いたいのかよくわからない内容・・・書き直す気はありませんがw

今回はリーチ目の楽しさについて話します。

あくまで私の楽しみ方の紹介ですので、もっと面白いものなのに・・・と思うような内容があるかもしれません。その際はぜひ気軽にコメントしてください。

それでは、本題に入ります。

私はリーチ目に興味がないころリーチ目を覚えるのが面倒くさいからという理由で覚えませんでした。
興味を持った今では、↑のような事は一切思っていません。
なぜなら

リーチ目は覚えるものではなくて、見つけるもの

だと思うからです。

もちろん結局は覚えなくてはいけないのですが、雑誌や人から聞いたリーチ目を暗記するだけではなく、パチスロを打っている時、リーチ目なのかハズレ目なのか常に考えながら打ちます。

ここがこうなったらリーチ目なんじゃないだろうか
という予想をいくつもたて、打ち込んでいき、検証していきます。
それにより色々な瞬間を味わうことができます。

予想していた出目がリーチ目だった時
予想していた出目がハズレ目だった時
予想していた出目がリーチ目ではないがアツイ目だった時
想定外の出目が止まった時

など色々な瞬間がありますが、特に予想通りリーチ目だった時はかなり気持ちいいです。
このリーチ目自分しか知らないんじゃない!?なんて優越感に浸ってしまうこともw

リーチ目を探す

これがリーチ目の最大の面白さであり、パチスロというゲームの面白さだと思っています。
--------

もう何年出目を探ってないだろう・・・。AT、ARTはシステム上出目死ぬからね。
さすがに5号機初期に1ライン機が当たり前になる時代がくるなんて予想できなかった。ハズレ目が2、3種類ぐらいしかないもんねw本物のボーナス無いしwもうこれパチスロか!!??