dryuの回胴式遊技機ブログ

主にパチスロについて感じたこと、思ったことを書いていくだけの自己満ブログです。

2009/08/06 ビタ押し、直視考察

この記事は2009年08月06日にとあるSNSサイトで僕が書いたもの。
基本的には修正せずそのまま載せようと思う。

--------
最初に

ものすごく長いです。また文章能力に乏しいため、おかしな文章があると思います。
それと私は目押しが下手くそです。
それでもよろしければ読んでみてください。



過去にパチスロの色々なことについて語ってきましたが、今回は目押しについて考察したいと思います。
目押しといっても大雑把すぎるので1コマ目押しと直視について考察します。

1コマ目押しは別名ビタ押しとも言いますが非常に難易度の高い技です。
パチスロをやられている人ならその難しさが分かると思いますが、客観的にみて難しさが分かるように説明してみます。

パチスロのリールは基本21コマで作られていて、リールが一周する時間は約0.78秒です。
1コマ移動するのにかかる時間を計算すると

0.78(秒)÷21(コマ)=約0.037(秒)

つまりビタ押しには0.037秒ある余裕の内にストップボタンを押す必要があります。

ほとんど人が止めたい絵柄が来たのを確認してからリールが一周するタイミングでストップボタンを押していると思いますので言い換えると0.743秒〜0.780秒の範囲でストップボタンを押す必要があります。

ちょっと難しそうな感じがしてきましたね。

でもこれはハッキリと絵柄が見えている人にとっての計算です。
絵柄がぼやけて見えている人にとっては0.037秒という余裕はもっと小さくなってしまいます。

そこで出てくる技術が直視です。

しかしこの直視という言葉は曖昧なもののようで人によって意味が違ったりします。
そこで私が聞いたことのあるものを紹介します。

?回っているリールの絵柄を一瞬だけハッキリと見ること
?回っているリールの絵柄を常にハッキリと見ること
?回っているリールの絵柄をしっかりと見ること

この3つの意味を聞いたことがありますが結構違いますよね。
ビタ押しをするにあたって?の場合は一瞬だけですので、絵柄を止めたい位置で見ることはタイミングが合いにくく難しいのですが(慣れれば全然いけると思います)?の場合は常に見えている状態なので、タイミングが合わないことは?に比べて少ないと思います。
それと?は考察しようがないので除きます。
次にやり方や練習方法です。
まず?ですが、これは比較的簡単に出来ると思います。
回っているリールの一点を見ている目線を下にずらすだけです。
そうすれば一瞬だけ止まって見えます。
もし出来なければリールの上方を見つめ、一気に下方を見てください。何度かやればコツは掴めると思います。

次に?ですが、ハッキリ言って理解不能でした。
?を連続でやってみても3回する間にリール一周しちゃいます。
見える人が本当にいるのか疑問でした。
それから動体視力について調べていると「人間は縦の動きに弱く、横の動きには強い」ということを知ることができました。(日本人は文字を縦に読む習慣があるため他国人に比べ若干縦の動きは強いらしいです)

ですので早速顔を真横にしてリールを見てみました。(バカと言わないでw)

そしたらなんと見える見えるハッキリクッキリですよ!
見えた時に感じたことは、目が勝手に上下するということです。
?のように目線を下に移動させるのではなく、絵柄を見つめ追いかけるため目線が上から下にいくのです。
多分これは個人差が大きいと思いますので顔を横にするだけで誰でも見えるようになるとは思えませんが一度お試し下さい。
もし見えれば、目で絵柄を追うという感覚が掴めると思います。

ちなみに私は逆さまでも見えましたw(こちらはバカにしてもらって結構ですw)

私はそれから正面(顔はまっすぐ)でリールを見ながら絵柄を追いかける様に心がけています。
現在でも正面からリールを見ると絵柄をうまく追いかけることができずにぼやけて見えますが、前に比べるとハッキリと見えるようになっています。

それとリールと目の距離を遠くすればするほど見やすいです。おそらく目の上下運動の距離が少なくて済むからだと思います。また、?も?も慣れないと目がすぐに疲れてしまうので注意してください。


しかしたとえ直視が出来ても最初に述べた0.743秒〜0.780秒で押せなければなんにもなりません。
完全に私がこれです。
人並みの大幅下をいく音感の持ち主で保育園の頃はカスタネットを叩くのが嫌で嫌でたまりませんでしたw
そのぐらいオンチなんです。
もうパチスロを打ち始めて随分たつのでボーナス絵柄ぐらいはなんなく揃えることはできますが、ビタ押しはかなり厳しいです。
また、絵柄がある程度見えているため、ビタ押しをミスしたときにどのぐらいズレていたかがわかってしまうのが逆に悲しくなったりします。(結構2コマズレがあるんです;;)

つまり、ビタ押し成功率を高めるためには直視ができ、0.743秒〜0.780秒のタイミングで押せること。
できれば直視?より直視?のほうが有利で、直視より0.743秒〜0.780秒のタイミングをできるだけ0.780秒に近づける方が重要。
それと忘れていましたがプレッシャーに負けない強い心も必要です!
--------

現在では2コマ目押しならほぼミスらずできるかな。でもビタはマジでダメだ。本当に才能がないんだと思うw
「リール逆さまでも見えました」ってのはリールを真正面から見ずに下のほうから見ることによりリールの動く距離を長く見ることができたためだと。
説明下手すぎるな・・・。まあいいや。