dryuの回胴式遊技機ブログ

主にパチスロについて感じたこと、思ったことを書いていくだけの自己満ブログです。

リーチ目の探し方、出目の探り方

花火やバーサス、クランキーセレブレーションなどのリーチ目機がアクロスから出ていますが、私が見る人ほぼ全員が左上段バー(コンドル)から右リールフリー打ち、スイカテンパイ時に中リールスイカ狙いという打ち方ばかり・・・。

まぁそれはそれでいいとは思いますが自分で出目を探っている人はいるのでしょうか?とりあえずダブテンハズレでリーチ目ということだけ覚えて打っている人が多いように感じます。

そもそもどうやってリーチ目を探すの??

という疑問を持っている方のためにリーチ目の探し方、出目の探り方を紹介しようと思います!

あくまで私のやり方なので参考にしていただければと思います。
(結構長くなってしまったのでご注意を)

 

目次
・ハズレ目を意識する
・小役ハズレ目を見つける
・第2停止リールのスベリを意識する
リーチ目から法則を見つける
・演出で当たったのがわかった場合はリーチ目を疑う
・ゆっくり打つ
・最後に

 

・ハズレ目を意識する

これが一番重要だと思います。
ハズレで止まらない出目はリーチ目の可能性が高いです。
しかもハズレは基本どの役よりも高い確率で出現するため検証が容易です。
また、ハズレ目を意識することで不意出現したわかりづらいリーチ目
「いつもなら右リール1コマ前で止まってた気がするけど・・・」や
「なんかわからんけど変な気がする・・・」
というように違和感を覚えるようになったりします。
ハズレ目に詳しくなることがリーチ目を見つける一番の近道です。

 

・小役ハズレ目を見つける

小役ハズレ目とは小役以上が確定する出目です。
皆さんご存知バーサスや花火での左上段バー・ベル・スイカからの右リールベル、スイカのダブテンのやつですね。

f:id:mutyanemu:20170107204558p:plain
<ベル、スイカ、ボーナスのいずれかが成立している場合のみ停止する型>

上の出目は2リールで初めて小役ハズレ目となりますが左枠上バーなどは左リール1つで小役ハズレ目となるものもあります。

f:id:mutyanemu:20170109000955p:plain
<リプorスイカorボーナスの小役ハズレ目>

また、中リールや右リールのみで小役ハズレ目となるものもあります。

f:id:mutyanemu:20170107205300p:plain
<中リールのチェリー・スイカ・チェリーはスイカorボーナスの小役ハズレ目です(チェリー除く)>

ベル・スイカのダブテンや中リールのチェリー・スイカ・チェリーなんかはいかにも強い目という感じでわかりやすいですが、地味な箇所が小役ハズレ目になることもよくあるので、そういう出目を見つけられると嬉しくなりますよ。

 

・第2停止リールのスベリを意識する

第1停止(左リール)のスベリだけではなく第2停止(中、右リール)のスベリを意識してみましょう。
普段は違うスベリをした場合は小役以上の出目の可能性が高いです。
出目自体は第2停止の時点で通常出目かもしれませんが特定のスベリコマ数限定の小役ハズレ目やリーチ目だと判断出来る機会は多く存在します。
そこから以外な目を見つけられることもよくありますので意識するようにしましょう。
(出来れば第3停止も意識したほうがよいと思いますが優先順位としては第2停止ですね)

 

リーチ目から法則を見つける

ここでの法則とは、よく聞くものだと
・スイカV字
・スイカL字
・中段リリベ
・中段リリス
なんかのことです。どれか一度は聞いたことがあるでしょう。
これらは出目を探っていった結果のほぼ最終型であることを認識してください。

ある特定の出目がリーチ目だろうと気がついた時に「この出目はリーチ目!」で終わらせるのはもったいないです。

たとえばバーサスを順押しでこんな出目が止まったとします。

f:id:mutyanemu:20170107211545p:plain

公式サイトにも書いてある左リールと中リールでベルハズレ目(小役ハズレ目のこと。ベルハズレでボーナス)となるのでこれはリーチ目です。ですがもう少し考察しましょう。
ベルハズレ目となる条件として中リール上段に7かVが必要なのですが、
7、V無い場合はどうなるかを考えます。

f:id:mutyanemu:20170109002736p:plain
<これはリーチ目??>

これをハズレ時に止まらないことを確認できればリーチ目の可能性が高そうですね。
ではそれが確認できたとして、今度は右リールに注目しましょう。
右リールスイカ・リプ・ベルでは無い箇所を目押ししていた場合どこが止まるのかを考えます。
・右リール上段スイカでリーチ目
・右リール中段リプレイでリーチ目
・右リール下段チェリーでリーチ目
この3つはすぐ予想できますね。
それを検証してハズレ時に右リール中段にリプレイが止まらない場合、きれいに法則化が出来そうですね。
左リールV・V・ベルからの中リールANY・リプ・ベルからの右リール中段リプはリーチ目。中リールのリプの下には必ずベルがありますから
左リールV・V・ベルからの中段V・リプ・リプはリーチ目という法則が出来ました!

f:id:mutyanemu:20170107212048p:plain
(ちなみに実践上リーチ目です)

1つのリーチ目から色々と解析できましたね!

また、ハズレ目がワンパターンという場合も多く存在しますのでハズレ目から法則を見つけるのも手です。
例えば先ほどの出目からハズレ目なら右中段にベルが止まる場合は右中段ベル以外ならリーチ目!という法則になります。

f:id:mutyanemu:20170107212724p:plain

法則化することでリーチ目を覚えるのが楽になりますし、法則化できそうな出目はどんどん法則化していきましょう!
ただし、全く法則性の無いリーチ目も存在する可能性がありますので注意してください。

 

・演出で当たったのがわかった場合はリーチ目を疑う

いかにもハズレ目っぽいものでもリーチ目を疑いましょう。
検証するとリーチ目だったという場合もあります!
もしそれが打ち込んでいる台なら自分の未熟さを知ることが出来ますw
もちろん通常出目の可能性もありますよ!

 

・ゆっくり打つ

これ結構重要だと思います。
無駄に速く消化しようとしてるが出来てないする人いますが、速く消化する必要なんてありません。
出目に違和感を感じたら手を止めていいんです。
のんびりリール配列見たっていいんです。
それを隣の人が見て「こいつ初心者や!へたくそや!」なんて思う人はいないと思います。
仮にそう思う人がいたとしたらゲーム数を消化するのが趣味の人なだけなので問題ありません。

 

・最後に

長々と書きましたが、まとめるとハズレ時に止まらない出目はリーチ目を疑え!というだけです。
ある程度リーチ目を探った後は左リールの狙い箇所を変えてみましょう。せっかく狙い箇所はいくつもあるのですから。
狙い箇所を変える前の法則性がそのまま使えたり全く通用しなかったりと色々発見できますよ。